アフリカの栄養改善活動をフィールドとする協働実践型教育プログラム

Global Agri-Nutrition Leader Program

for African Students

DISPATCH




短期派遣プログラム

アフリカの食と栄養を切り口とした2~3週間のプログラムです。


参加者は、事前プログラムとして「課題解決力醸成ワークショップ」を受講し、現地では以下の内容を含むプログラムを通じ、現場での課題発見から解 決策の検討までを実践します。



  • 現地協定校での専門科目講義や学生交流
  • 現地企業(農業、食品、ヘルスケアなど)の視察
  • 現地家庭にホームステイをしながらの食事・栄養摂取調査、農業調査
  • 青年海外協力隊の活動視察



Information / プログラムに関わる詳細情報

COMING SOON! 

(準備中)




長期交換留学


アフリカの食と農、栄養に係る知識・経験を深めたいと考える人向けの6~12ヶ月のプログラムです。


協定校の正規授業の中から関心のある科目を選び履修することができます。留学期間中の休暇を使っての国際研究機関や現地の農業・ケルスケア企業で のインターンシップや青年海外協力隊員の活動視察など、個々の関心・希望に応じたプログラム作りをグローバル連携センターがサポートします。




Information / プログラムに関わる詳細情報

募集要項 申し込み案内

COMING SOON! 

(準備中)

Partner Universities / 派遣先の大学の紹介





キャンパス モロゴロほか(タンザニア)
創立年 1984年
WEB https://www.sua.ac.tz/
理念 農学および関連分野において質の高い知識と技術を持つ人材を輩出する一流の大学になること
使命 教育・研究・普及活動を通じ、農学および関連分野の発展を促進すること
学部 研究科 6学部 20 学科と6つの研究所があり、大学院では農業・農業経済・アグリビジネス・食品科学・栄養学・森林学・自然 資源と持続的農業マネージメント・獣医学・予防獣医学・農村開発の分野での修士課程と博士課程を設置している。
学べる事 6学部(農学、社会・人文科学、教育学、獣医学、農業経済・ビジネス、森林・野生生物・観光)の中から、興味のあるプ ログラムを留学先として選択することが可能です。
詳細:https://www.sua.ac.tz/
study/programmes



キャンパス ナイロビほか(ケニア)
創立年 1981年
WEB http://www.jkuat.ac.ke/
理念 開発のための教育・研究・技術革新と起業のグローバル拠点となること。
使命 農学、工学、技術、企業開発、建築環境、健康科学、社会科学、その他の応用科学の分野において、ダイナミックな世界 のニーズに対応したリーダーを輩出するために、利用しやすい質の高い研修、研究、イノベーション、起業家精神を提供 することを目的としています。
学部 研究科 5つの学部(健康科学、工学、純正・応用科学、農学・自然資源、人材・開発)により構成され、大学院では修士40以上 (農業加工工学、都市計画、バイオテクノロジー、食品学、栄養学など)、博士20以上(有機化学、造園、バイオテクノ ロジー、食品科学、環境工学など)のコースを有する。
学べる事 農業・自然資源学部 (College of Agriculture and Natural Resources/COANRE)の各学科(農業・環境科学科、食品・栄 養科学科、資源資源・動物科学科)を長期留学先として選ぶことが可能です。
詳細:http://jkuat.ac.ke/colleges/coanre/

お問い合わせ

CONTACT