Facebook

お知らせ

 

「世界展開力強化事業」ブラジル、ペルー、メキシコから短期交換留学生を受入れました

2016年03月15日

中南米協定校(ブラジル国アマゾニア農業大学2名、ペルー国ラ・モリーナ国立農業大学1名、メキシコ国チャピンゴ自治大学1名)から4名の短期交換留学生を受入れました(2月17日(水)~3月2日(水)15日間)。

本プログラムは、文部科学省補助事業である「大学の世界展開力強化事業」の一環として実施しました。この事業は、農大と中南米協定校4校が学生交流交換プログラムを5年間にわたり継続実施するものです。最大の特徴は、農学系プログラムとして、(1)専門科目履修・聴講、(2)現地語学体得、(3)学生交流、(4)農学系インターンシップ実施、(5)農学系施設視察を行うことにあります。

この目的を達成するため、世田谷キャンパス、厚木キャンパス、伊勢原農場、株式会社メルカード東京農大(大学発の学生ベンチャー企業)、長野長和町(本学地域連携協定締結)において実践的プログラムを展開しました。

プログラム内容概略は以下のとおりです。

・世田谷キャンパス 専門科目と日本語の講義、学科研究室訪問、ワークショップ等

・厚木キャンパス  農学部研究室訪問

・伊勢原農場    農業施設見学

・(株)メルカード東京農大 インターンシップ実施

・長野県長和町 農村・文化体験、農大山村再生プロジェクト視察、町長表敬訪問と発表会

最終日には、総括ワークショップ、修了証書授与と、本学から短期交換留学生としてブラジル、ペルー、メキシコへ派遣した学生達との交流会で親交を深めました。

(株)メルカード東京農大

http://www.ichiba-n.co.jp/

長野県長和町

http://www.town.nagawa.nagano.jp/

伊勢原農場訪問視察